お問い合わせ相談無料お問い合わせ相談無料

小冊子無料プレゼント小冊子無料プレゼント

フリーダイヤル0120-967-612 お気軽にお問合せください。

facebookfacebook

LINE@LINE@

TOP > コラム一覧 > リフォームVS建て替え~老後のライフプラン~

お役立ち一覧

リフォームVS建て替え~老後のライフプラン~

子育てに追われた日々もひと段落。定年まであと10年余りとなった50歳前後世代のセカンドライフは、いよいよこれからが本番です。わが国では、男女ともに平均寿命が80歳を超える時代において、30年先まで見越したライフプランが必要です。果たして、慣れ親しんだわが家にこのまま暮らし続けていけるのか、漠然と不安を抱いている方も少なくないでしょう。
今の家にリフォームして住み続けるべきか?思い切って建て替えるべきか?さんざん迷い続けているうちに、経済的に選択肢が限られてきたり、健康問題や体力面の不安から家について考えること自体が面倒になってしまう恐れもあります。そうなってしまう前に、住まいについて今から整理して考えていきましょう。リフォームと建て替えには、それぞれメリットとデメリットがあります。まず、リフォームは、建て替えと比較して多くの場合、コストを抑えられます。また、愛着のあるわが家に住み続けられるという何より大きな利点もあります。反面、構造や予算の関係から間取りの変更に制約があり、一般的に新築よりも建物の保証期間が短くなります。それに対して、新築は希望の間取りやデザインを実現しやすく、住宅設備もすべて新しくなるため満足度や利便性が高まります。地震などの自然災害に対する安心感も大きいでしょう。また、一般的にリフォームに比べ、資産価値が高くなるので、子世帯が住み継いだり賃貸に出しやすくもなります。デメリットは、やはりコストが高くなること。既存の建物の解体費用も発生しますし、長い工期の間は、仮住まいも必要です。
将来的に、親の介護や子どもとの同居の可能性の有無も、今後の住まいを考えるときに重要な要素となってきます。快適なセカンドライフのために、現在の土地に住み続けるなら、どのような状態で過ごしていきたいのか年単位で考え、まずはご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

全面リフォームか建て替えかの選択の前に、まずメリット・デメリットを把握し、今の住まいの状態や今後の暮らし方、予算面の問題など、総合的な判断が大切です。

大分ジャーニー
大分県の楽しい情報たくさん
平田設備
エアコンクリーニングならおまかせ
アドレスト
大分の新築住宅情報紙