お問い合わせ相談無料お問い合わせ相談無料

小冊子無料プレゼント小冊子無料プレゼント

フリーダイヤル0120-967-612 お気軽にお問合せください。

facebookfacebook

LINE@LINE@

TOP > コラム一覧 > 丸わかり!消費増税 ~後悔しないために、知っておくこと。~

お役立ち一覧

丸わかり!消費増税 ~後悔しないために、知っておくこと。~

今、世の中は消費増税の話で持ち切り。中でも住宅購入に及ぼす影響はわかりにくく、不安がつのる方も多いのでは?増税前×増税後の
メリット・デメリットを比較する場合、時期、収入、資金計画など、あらゆる要素が関わってきます。
将来を左右する大きな決断だからこそ、まずはお金のことに詳しいプロに聞いてみましょう。

今年10月、いよいよ消費税が8%から10%へと引き上げられます。

これまでも増税されるたびに「消費税が上がる前に家を買うべきか?否か?」で迷い、逡巡されてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
多くの方にとって、家は一生に一度の大きな買いものです。
住まい選びに失敗すれば、その価値に応じて大きな後悔を背負うことになります。ですが、検討に検討を重ね、時には専門家のアドバイスを得て、疑問や不安をひとつずつ解消して、その人にとって「最高の住まい選び」ができたとき、その喜びは購入した家に住まい続ける限り実感できるでしょう。間違いのない住まい選びのために、今回の消費税増税が、住宅購入の際に果たしてどれほどの影響を及ぼすのか、じっくり考えていきましょう。

住宅購入に関するお金の3つの勘違いとは?

2019年10月より、据え置きにされる一部のもの以外は、消費税が2%上がります。消費税だけに着目すれば、当然、増税される前に、家を買うべきでしょう。しかし、住宅の購入に際しては、消費税以外の多くの種類の「お金」が関わってきます。消費税をはじめとした住宅にまつわる「お金」に対して、意外な勘違いをしている方も少なくないのではないでしょうか。この「お金」にまつわる勘違いをクリアにすれば、消費税2%の増税分が及ぼす影響が、大きいのか小さいのか見えてくるのです。

勘違い
その1
消費税増税の影響

たとえば、5,000万円で新築の戸建てを購入する場合、増税されると2%の負担増となります。ですが、消費税は建物のみに課税され、土地には課税されません。
具体的には、5,000万円(内訳:建物3,000万円、土地2,000万円)の物件であれば、「3,000万×8%=240万円」が「3,000万円×10%=300万円」となるため、60万円の負担増となるのです。
また、増税前に実際に住宅の購入をするのであれば、購入スケジュールに注意が必要です。
2019年10月よりも前に引渡しを受けるのであれば、当然、消費税8%が適用されることになります。加えて、2019年10月以降に引き渡しを受ける場合であっても、2019年3月までに契約を済ませていれば、消費税は8%で済むのです。ただし、これは新築物件に限るという条件があります。

勘違い
その2
消費税増税「前」のほうがトク?

購入される方の収入や資金計画(親から金銭的な援助を受けるなど)によっては、消費税増税「後」のほうが、おトクとなるケースがあります。
たとえば、「すまい給付金」といった制度をご存知でしょうか。
増税後の消費税率10%の適用で住宅を取得する場合、引上げによる負担を軽減するために現金が給付されます。年収によっては、増税前よりも給付額が増えたり、増税前は対象ではなかった方が給付の対象となるケースもあるのです。

住宅ローン控除、3年間延長

2019年度の与党税制改正大網によると、消費税率10%引き上げ時の住宅取得への追加支援策が盛り込まれました。住宅ローン減税の控除期間を3年間延長し、建物購入価格の消費税2%分の範囲で減額するというものです。
1~10年目は、住宅ローンの年末残高(上限/一般住宅4,000万円・長期優良住宅など5,000万円)の1%を、現行通り所得税などから控除されます。11年目以降13年目までは、建物価格の2%分の額と、ローン残高の1%を3年間還付した場合の額を比べ、いずれか少ない方になります。対象となるのは消費税10%が適用される住宅を取得し、2019年10月1日から2020年12月31日までに入居した場合です。

勘違い
その3
住宅購入のタイミング

そもそも、住宅の購入は、投資とは異なり、安くなったら買って高くなったら売るというものではなく、家族のライフプランに合わせて検討していくものです。家族のタイミングが良い時に安く購入できるのであれば、それに越したことはありませんが、金額の高い安いという点に重点を置くのであれば、消費税増税よりも気にすべきことがあります。
それは、「住宅ローン」です。
融資を受ける際の金利をはじめ、借入後に繰り上げ返済や、借り換えをするか否かなどによっては、支払総額でみると、容易に100万円単位で負担額が変わります。よって、借り入れに関してはファイナンシャルプランナーなど専門家の意見を取り入れるなどして熟慮が必要です。

増税は住宅購入を検討するための良いタイミング

消費税が増税されることで、焦って駆け込み購入することは禁物です。ですが、増税を、住宅購入を検討するためのひとつの良いタイミングととらえてみてはいかがでしょうか。この機会に、一生の買いものであるマイホームの購入というプロセスをご家族で楽しみながら、じっくりと進めていただければと思います。

大分ジャーニー
大分県の楽しい情報たくさん
平田設備
エアコンクリーニングならおまかせ
アドレスト
大分の新築住宅情報紙