お問い合わせ相談無料お問い合わせ相談無料

小冊子無料プレゼント小冊子無料プレゼント

フリーダイヤル0120-967-612 お気軽にお問合せください。

facebookfacebook

LINE@LINE@

TOP > コラム一覧 > 家づくりは資金計画から!!

お役立ち一覧

家づくりは資金計画から!!

人生でもっとも大きな買い物と言われるマイホーム。だからこそ間取りやデザインを考えるよりもまず、資金計画から始めましょう。ハウスメーカーや工務店主導ではない、無理のない予算の立て方、気になる住宅ローンについて、徹底的にアドバイスします。

マイホームの予算、資金計画はどのタイミングで考えるのが正しいでしょうか?

柳井 ズバリ一言でお答えするなら「初めが肝心」です。マイホームが欲しいな!と思った際、まず最初に考えるのが資金計画であるべきなのです。家を取得する方法としては、次の3つが考えられます。①現金で購入する②現金+住宅ローンで購入する③住宅ローンのみで購入する。家を買われる方のほとんどは②か③です。だからこそ、まずは生涯を見通してどれくらいなら返済できるのかを考え、住宅ローンの借入額を設定することが重要となります。
髙畠 大事なのは「借入できる金額」ではなく、「返済できる金額」。そこで初めてマイホームのはっきりとした予算が決まります。後は、住みたいエリアや建てたい家を考えながら、予算オーバーにならないように住宅会社を選定していくことになります。とはいえ、家創りのプロセスは初めてのことがほとんど。私たちは住宅ローンをはじめとする無理のない予算の設定から、その予算で叶う住宅会社のご紹介までをトータルでプロデュースしています。

住宅ローンの借入額を考える時に、気をつけなくてはいけないことはありますか?

髙畠 家創りにおいて、一番大事なことが「資金計画」とお話しましたが、資金計画において適正な住宅ローン借入額を設定するために「ライフプランニング」をお客様と一緒に行います。人生で必要な三大資金と言われる「住宅」「教育」「老後」はもちろん、車の購入・維持費用や今後の家族旅行の費用まで家族の夢や価値観に沿って、将来必要となるお金を具体的に考え、それに基づき借入額を算出していきます。
柳井 ライフプランニングを行う上で毎月の「固定費」の見直しは大切です。固定費として、生命保険や自動車保険を「必ずかかる必要なお金」と考えてしまうのには注意が必要です。なぜならば保険の見直しを行い、仮に毎月1万円節約できれば、マイホーム購入予算を300万円程増やすことも可能です。また住宅ローンにはもともと「団体信用生命保険」といって、ローンを組まれた方が万が一「死亡・高度障害」になった場合、ローンの残債がなくなるという仕組があります。このように備えは大切ですが、保険料の掛け過ぎも家計の負担となるので、ご注意ください。ハウスメーカーや工務店は住まいづくりのプロですが、資金計画に関しては異なります。一番大切なお金のことは、ファイナンシャルプランナーなどのお金のプロに相談すべきなのです。ご希望の方には私たちの考え方に賛同していただいている保険のプロフェッショナルをご紹介することも可能です。住宅会社の紹介と同じで相談は無料ですので、ぜひご活用ください。

これからマイホーム購入を考えている方にお伝えしたいことは何ですか?

柳井 「住宅ローンの返済は借りた人の自己責任」。確かにそうなのかもしれませんが、マイホームの夢を叶えるために、初めての住宅ローンを組まれる方の不安や疑問を解消するために知るべきことはたくさんあります。「変動金利と固定金利」、「フラット35と銀行の住宅ローン」の違い、「銀行の保証料やつなぎ融資って?」など、お伝えしたいことは尽きません。
髙畠 私たちは住宅会社でも不動産会社でもありません。中立公平な第三者として、あなたにとって本当に適正なマイホームの予算設定をお手伝いいたします。無理なく、満足できる家創りを私たちと始めませんか。

大分ジャーニー
大分県の楽しい情報たくさん
平田設備
エアコンクリーニングならおまかせ
アドレスト
大分の新築住宅情報紙