お問い合わせ相談無料お問い合わせ相談無料

小冊子無料プレゼント小冊子無料プレゼント

フリーダイヤル0120-967-612 お気軽にお問合せください。

facebookfacebook

LINE@LINE@

TOP > ブログ一覧 > これからのの家創りの在り方を考える。

ブログ

これからのの家創りの在り方を考える。

みなさんこんにちは!
住まい選びのコンシェルジュ柳井です。今回は今後の家創りについて考えてみたいと思います。

戦後の経済復興時期から、われわれ日本人は「持家」に憧れを持ち、それを実現してきました。
核家族化が進み、人口は利便性の良い都心部に流入し、憧れのマイホーム建築の為に、数多くの
宅地造成工事が行われてきました。私が住む大分市でもその流れは同じで、昭和37年4月に販売を
開始した「城南団地」をはじめ数多くの「分譲団地」が存在します。

当時憧れのマイホームを取得するには「土地」と「建物」を一緒に購入する必要がありました。
現在はどうでしょう!?当時から50年以上経過した今でも、マイホームを取得されるかたの多くは
憧れのマイホームを取得するための「土地」を探すことから家創りを始めています。

「建物」だけに予算をかけられたら思い通りの家になるのに・・・子育てしながら、夫婦ともに
職場との両立をしていかなければならない・・・こんな思いから最近、じわじわとですが、
2世帯3世代住宅が増えてきています。

憧れのマイホームのために一生懸命土地を探しながら、一方では実家のこれからの事を心配する。
こんなご家庭はたくさんいらっしゃいます。家を建てる時期こそ、ぜひ一度ご家族皆様で話し合いの場
を持たれることをお勧めします。

(資料協力:(株)大分団地新聞社)

大分ジャーニー
大分県の楽しい情報たくさん
平田設備
エアコンクリーニングならおまかせ
アドレスト
大分の新築住宅情報紙